いつまでも変わらない・・・

思うところがあり、本日は愚痴っぽいです。 学校には「研究」なるものが存在します。 研究は教師にとって必須です。それは、教育基本法第9条にも明記されてます。だだ、どこにも「研究授業」の義務は書いてありません。 そう、教師は、日々あらゆる角度から研究・修養することが義務付けられているのです。授業はもちろんですけどね。 ところが、「研究」と言うと授業のことばかりで、しかも、普段やりもしない特別な授業をすることであるかのように語られることが少なくないのです。 こういう研究をやると、大変に多くの時間を費やすことになります。午前様なんてこともあります。しかも、たった一時間の授業をやるために、何十時間も費やすのです。 結果どうなるか?他の授業が疎かになったり、子供と関わる時間が奪われたり、そして何より、教師のプライベートが奪われます。 「教師にプライベート何か要らない」って、誰か言うでしょうか?冗談じゃ無いです。教師にプライベート何か要らないのであれば、「常識知らず」何て思うだけでも矛盾してますよね。教師だって人間です。趣味に没頭したり、教師以外の人間関係を充実させることは、結果的に教師の魅力を高めます。教師が教師として魅力的かどうかは、プライベートの充実にも関わることです。これ、どんな仕事でもそうですよね。多角的な「研究・修養」には、学校を離れることも必要不可欠な事なのです。 だからこそ、教師を学校に縛り付けるような研究授業なんてやるべきではありません。 そして、こんなこと、殆どの教師が思っ…

続きを読む

フォレスタネット

「授業を良くしたい」って思わない教師は居ないのですが、「良くするため」どころか、明日の授業準備の時間すら確保されていないのが、現在の学校が抱える問題点。 そして、準備にこだわり始めると、時間などいくらあっても足りないものです。 せめてもの取り組みとして、10年程前から、授業で使ったり、授業のために作ったりして、次同じ単元や学年を持ったら使えると判断したプリント類やらwebサイトやらを、教科別、学年別、単元別にまとめて、ちょっとしたデータベースを作ってきています。 教育行政や各種団体でも、多分同様の効果を狙ったであろうデータベースを作っている所はありますが、最近フォレスタネットなる団体を発見しました。 https://foresta.education/estanet/home結構ありだと思います。

続きを読む