いじめを心配するのなら

「うちの子いじめられてないでしょうか?」って心配される保護者は、少なくありません。そりゃ心配ですよね。これだけ報道されているのですから・・・。 学校としては、いじめに対して毅然たる思いで対処します。当然です。ただし、いじめを全て把握できるかと言えば、それは「善処します」としか答えようがありません。 一部に「いじめのサインは見落としません」なんて豪語する教師もいますが、私は、それこそ、傲慢だと考えます。自殺するまで親だって気付かないのですよ?何故教師が「見落としません」なんて断言できるのでしょうか? 「親には心配かけたくないから隠し通す」って言う人もいるでしょう。でしょ?隠し通せるのですよ?親でさえ。ならば、教師にもバレたくないって隠し通すことだって考えられるでしょう。 だから、見落としませんなんて、言えません。 さて、ここまでは学校サイドの考え方なのですが、親としてならどうでしょう。「学校へ行ってからのことは分からない」ですよね。 だからこそ、親としていじめを心配するのであれば、いじめを隠さず話してくれる子へ育てることって大切な事ではないでしょうか?また、いじめに屈せず、立ち向かったり、逃げたりが出来る子に、育てることを大切ではないでしょうか。 つまり、いじめを苦に自殺するなんて夢にも思わない心を育むのが、いじめの対策の1つと言えないでしょうか? 祖のためには、普段からどんな会話をしているかがとても大事です。 自殺を助長するような会話なんてしてたら、我が子にも「自殺と言う対抗…

続きを読む

「勉強が出来ないから心配です」という大きな間違い

「勉強が全然わかってないみたいなのです。先生見てあげてください」と言う声をたまに聞きますが・・・・ ちょっと待って下さい!親として、見るべき所が違いますよ!そのままでは、その子無気力になりますよ。 勉強出来ないこと、確かに気になりますよね。でもね、もっと気にするべき事は「わかりませんって言えないこと」ですよ。 わからないことを隠してしまっていることですよ。必ずその原因があります。それをこそ見つけましょうよ。 もしかしたら、学習障害やら何かがあるのかもしれませんよ。 出来ないことよりも、出来ない原因を見つけましょうよ。 教えてやってください→教えてくれないから出来ない→教えてくれない教師が悪い こんな思考をしてしまったら、子供の成長を阻害するだけになります。

続きを読む

意欲を育む子育て

「うちの子全然やる気が無いんです」って、保護者が本音をこぼすことがあります。 どうしたら子供がやる気を出すのでしょう? ・・・・って、それを考える前に、考えるべきことがあるのです。 それは、 「子供のやる気を奪っていませんか?」と言うことです。 やる気が無い、やる気が無いって、子供に言っている割に、「子供のやる気を奪っている張本人が親だった」ということが、結構多くあります。 以下に実例を上げます。 ①テストの点数を見て・・「なんなのこの点数は!ちゃんと勉強しなきゃダメでしょ!勉強しなさい!」 これで勉強するなら、世の中苦労しませんね。 ②お手伝いで食器洗ってたら割っちゃった・・「ちゃんと見てないからそうなるの!もういいからあっち行って!」 手伝いしたいなんて2度と言わないでしょうね。 ③宿題やる時間にゲームしてる我が子・・「なにやってんの!宿題なんてさっさと終わらせなさい!」 「宿題なんて」と言う言葉、これだけで宿題は、やっつけ仕事ですよね。 もっと違う接し方をしていたら、少なくともやる気を奪うことは減ります。 続く

続きを読む