保護者説明会・・・

來入児の検診やら1日入学もそろそろ終わる頃でしょうか?ところでこの日程に組み込まれている保護者説明会では「入学までに身につけておきたいこと」との話があることでしょう。 以前書いたこと、やっぱり身につけておくと良いなぁって思います。 そして、こういう区切りの時期って、親にとっても一つの区切り。子育ての振り返りがしやすい時期です。 例えば、何度も叩いてるなんてこと無いですか?力で従わせる子育ては、その子が同じ事を周りの子にしますよ。「気に入らなければ叩いて良いんだ」「力で従わせれば良いんだ」って。モデリングってやつです。 子は親のやったようにやるものです。例え叩いてしまっても、お互いに落ち着いて、対等な立場でちゃんと話し合って、納得してきたのならまだしも。 叩かれて育っちゃうと、言葉の指導なんぞ受け付けなくなります。 そうなると、結局、子供が不憫ですよね。 区切りの時期、親も子も成長のチャンス。良い切り換えをして、進学してきて欲しいものです。

続きを読む

小学校入学前に・・・

初記事! って一人で興奮しながら綴る1号記事は、 就学前教育です。 初めてのお子さんがもうじき小学校へ入学! そろそろ1日入学も終わった頃でしょうか? 新しいランドセル。 なんがかランドセルが歩いているかのように、大きいですよね(^^) さて、「小学校に入学する前にやっておかなきゃ!!」 って、何をしたら良いのかな?って心配されている保護者の方々にお伝えしたいこと。 それは、 そうやってドキドキ心配しながら、 どうしたらいいかな?って考えたり調べたりする保護者の方が育てているお子さんに、 問題のある子は居ないということです。 だれだってわからないことに向かう時は、 心配がありますよね。 だってわからないのですから。 そのわからないことに対して、 誰かの話を聞いたり、調べたり、悩んだりする。 その考え方こそが、学校生活でとっても重要になるんです。 親がそのスタンスでいるのなら、 子供もそういうスタンスになっていきます。 学校では、子を見れば親がわかります。 家庭教育あってこその学校なのです。 どうぞ一安心して、 我が子と向き合っていきましょうよ。 その上で、チェックしておきたいことです。 それは食事。 食が細いなんてのは気にしなくて良いです。 気にしたいことは、偏食。 嫌いでも食べられるかどうかです。 「味を変えてわからなくすれば食べられる」では意味がありません。 嫌いな味とわか…

続きを読む