嬉しいことをまとめてみます

あの一件以来、自分の心がマイナス思考に包まれています。 ブログの内容も、何だかどんよりしてるような・・・。ちょっと頭を冷やすべく、学級経営をしていて「嬉しい~」って感じたことをまとめてみます。 因みに私のことは、坂本龍馬が好きと言うことで「坂本先生」としておきます(^^) ◯3月の頃、来年担任は誰になるのかなって話になり「え~オレ坂本先生のままが良い~」って私のことを言ってくれた子供達。 →何だかんだ言ってもそうやって話しているのを聞くと嬉しいです。 ◯転校していく子の母親が「うちの子は坂本先生のことが大好きだって言ってました。叱るときにちゃんと叱ってくれるのが好きなんだそうです。」→教え子から自分の教育について「胸を張れ」って励まされたような気がしました。子供ってただ遊んでくれるだけでなく、教師が何を見ているのかを見抜いているって、改めて思いました。 ◯「坂本先生は、自分達のことを信用してくれている。」→子供に任せる姿勢を子供がわかってくれていました。でもこれ、信用したくなる子供達の方が素晴らしいですよね。 他にも、「おはようございま~す」ってニコニコしながら教室入ってくる明るい子達、子供がこんな風に坂本先生のことを話してましたよって教えて下さる保護者の方々、泣きながら「ちゃんとしたい!」って自分を反省する子の姿・・・。 子供達を支えて来たつもりでも、実はやっぱり子供達に沢山支えてもらっているなぁ~って思います。 ありがたいことに、受け持つクラスの子達は、優しく素直な子達が大変…

続きを読む