視野が広げられる

実は私、
教師の知り合いより、趣味の知り合いの方が多いです。

趣味の知り合いだけに、職業は様々。学校とは全く無縁の職業の方もいます。

で、何が言いたいかと言うと、
そういう環境で良かったということです。

元々、媚売って、信念をねじ曲げて生きて行くのが嫌で、上司に逆らってもクビにはならない、この仕事を選んだこともあり、教師だけの団体とは距離をおいて、今までやって来ました。

だから、教師だけの団体に属していないと管理職にはならない私の県では、生涯現場主義を貫くつもりです。

で、その、「教師だけの団体」でやっているようなことや、その団体が良しとしていることなんかを趣味の仲間に話すと、「は?そんなことやっているの?暇なん?」と言われることが、割りと多くあり、教師内の常識的と世間の常識との「ずれ」を感じることが、度々あるのです。

もちろん、「趣味の仲間が正しいのか?」との問いはあります。しかし、彼らも子を待つ親であり、これは、「保護者感覚」と受け止めても悪くないものだと考えます。

管理職からしたら、言いたいこと言ってくるし、団体にも属さないし、部下にしたくない教師なのかもしれません。

ただ、教師の常識とやらに固執せず、多様な価値観の中で、子供に接することは、教師としてはむしろ大切だと思ってます。

自己満足日記でした。

この記事へのコメント