「先生なのだからやってよ」「先生なのだからやらなくて良い」

役員決めの時に、「あの保護者は、仕事が教師だから役員免除になります」と言われて、納得する方は年々減っているはず。
「先生だってPTAなのだから、免除されるなんておかしい!」
となりますよね。

そう!先生だってPTAなのです。ただそれだけです。だから、PTA活動をしているとき、その輪の中に、その学校の先生がいたって、ただのPTAに過ぎないのです。

よくあるのが、「先生だからやって」という考え。

これ、本末転倒ではないでしょうか?


でも、今のご時世、こういうことを話題にして、「PTAとはそもそも何のためにあるのか」を見直す時期だと強く思います。

少なくとも、動員がかけられるような研修会って、必要ですか?誰が、何のためにやるのでしょう?

参加すればそりゃメリットはあります。

しかし、予算消化や、組織維持のためになっているものも少なくありませんよね。

組織が大きくなり、予算が莫大になれば、邪な話も出やすくなりますよね。

いっそ、連合だの何だのを無くし、学校内だけの活動にしたら良いと思います。

この記事へのコメント