報告の有無より本質を考えましょうよ!

子供が自殺・・・。
こんなことこそあってはならないのです。

原因がいじめだろうが、虐待だろうが、何だろうが、子供が自殺するなんてことはあってはならないのです。

自殺してから騒いだって、どうしようもないのです。自殺してから騒いで、何か改善されましたか?報告してなかった?それが何だと言うのでしょうか?


いじめアンケートなど何一つ役立ちません。いじめを許さないとか言いながら、いじめは犯罪とか言いながら、いじめた子を補導することも逮捕することも、出席停止にすることもないのですから。行政が介入しているにも関わらずです。

行政が介入し、いじめアンケートを行い、いじめ対策法まで施行したって、いじめた加害者に対して、な~んにも外部の手が入らないのですから。

その環境下にあって、なんのために報告するのですか?そんな暇があったら、いじめと向き合い、指導をします。

それでも自殺は止まらないのです。


マスコミは己の責任もふまえ、自殺防止を真剣に考えませんか?アイドルの自殺を報道しただけで、後追い自殺が発生するのですよ。だから、先進諸外国では、自殺報道について慎重なスタンスをとっているのではないですか?

いじめは解決させるべき事案です。それ以上に、自殺は無くすべき事案です。

ある教え子がこう書きました。
「自殺はしてはならない。自殺したら、大切な人達を悲しませるのだから、いじめと変わらないのだから。いじめを無くしてほしいと言うのなら、自殺して大切な人達をいじめるのもやめるべき」
と。

いじめで苦しんでいるあなたへ。
自殺するくらいなら、学校行かなくて良いのですよ。自殺するくらいなら、逃げましょう。そして、いじめる連中へ最大の仕返しをしませんか?

最大の仕返し、それは、あなたが幸せになることです。いじめをして喜ぶ連中にとって、いじめ対象のあなたが、自分達より幸せになることほど悔しいことは無いのです。

だから、いじめなんかと付き合うのをやめて、エネルギーが沸いてきたら、独学でも通信でも何でも良いから、メチャクチャ勉強しよう。

正しい知識や判断力を、どんどん身に付けてることは、確実に幸せを手繰り寄せます。


この記事へのコメント