運動会の着順判定にクレームを付ける保護者に対する学校のあり方

実話です。 ある学校に赴任した年に、こんな会話がありました。 「昨年度の運動会で、短距離走の着順判定が間違っているとの抗議が来たから、今年は判定を2人から3人に増やそうか。」 なので、「それはやめた方が良いと思う」と、主張しました。 正直、そんな事を気にしている学校に、情けなさを感じました。 聞けば、最近の保護者は、ビデオを見て文句を言ってくる。ビデオには敵わないし、間違ったらいけないから、3人に増やしておいた方が良いとのことですが、やはり情けなさを感じます。 運動会ですよ?そりゃ子供達は一生懸命走ります。だから、先生達も一生懸命判定します。 それで良いのです。 結果として間違えたら、仕方ないことです。 親なら、むしろ、そういう考え方を子供に教えた方が良いです。運動会は、運動を楽しみながら、集団の心を高める場です。己の勝ち負けにこだわる場ではありません。 そもそも、人間は間違える生き物ですから、運動会での間違えに執着しているようでは、円滑な人間関係も築くことは難しいでしょう。 それを保護者に教えるのも、学校の仕事と言えます(誰が教えるのか?との論議はありそうですが・・・)。 それでも拘るのなら、いっそその方に行政へ訴えてもらえば良い。公正を期するために、学校の運動会へ、陸上協会の審判を派遣して欲しいと。 間違いなく、そんな事はしませんよね。 その手の保護者は、我が子の損得しか眼中に無いからです。その時点で論外です。 「来年は、先生達が間違えないくらいブッチギリで走…

続きを読む